規制緩和によって金利にも変化がある?

自民党が検討している規制緩和の案があります。
その内容はというとこれまで、貸金業法で規定していた金利の上限を20%から29.2%に戻そうというものであります。
この金利を戻そうという動きは、すべての消費者金融ではなく、優良な認可業者のみがこの金利上限の引き上げに賛成できるという話であって、それ以外の業者は金利はそのままという形になるそうです。
また、一人当たりの借り入れを収入によって管理する総量規制についても撤廃するという話が浮上しており、収入で決められている額で借入金を決めるだけではなく、個人の特性をより考慮する形になるそうです。
これから、消費者金融の規制緩和が行われるとしたら、どのようにこの業界は変化していくのでしょうか注目されます。
消費者金融総量規制銀行